Home »

ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

ノート取り:書き方

2011-08-30 11:25:27 No Comments

発生した台風2つのうち、12号だけが日本に上陸しそうですね。
上陸は9/2日でしょうか。
ルート予想では伊豆半島の方へ行くようですが、どの位ズレが出るか。


で、今回はノート取りについて書こうかと思います。
例にもよって、これは私的な考えですのでその辺を考えた上でお読みください。

まずノートを取っていて一番気になったのが、周りの人が使う色の数。
やたらとカラフルなペンを沢山持っていたり定番の赤・青・黄の蛍光ペンだったり、はたまたノートは黒と赤色だけだったりします。
もちろん黒だけでも取ることは可能ですが、見直して重要ポイントが見つけにくい。
黒一色だとやれる事も限られていますからね。

でここからは私の考え。
基本色(黒ですね)に加えて2色で十分だと思います。色はなるべくしっかりしているものを選びましょう。
蛍光ペンでなくても白地に黄色は輪郭が捕らえにくいですからね。
それともう一つ、似通った色は使わないように。
ラメ入りペンは使うな、とは言いませんがお勧めはしません。モノにもよると思いますが、あれ時間がたつと微妙に白く乗るんですよね。なんなんでしょう?

といった感じで体験で書いて見ましたが、多くて黒+3〜4色ですね。
画面に4色あると結構にぎやかに見えてきます。それが大半が黒色だとしても。
ちなみに教科書に蛍光ペンでチェックをする人も居ますが、あれでも黄色は本当に見難いです。
蛍光ペンの一番多い使い道は『線を引いて覚えた(気になれる)』か『緑線を引いて勉強できるようにする』のどちらかじゃないかなーと。
教科書で暗記チェックが出来るようになりますから、お手軽で便利ですよね。
中にはノートに問題形式で書いて、線を引いて確認と言った人もいましたけど。
その過程で頭に入るから、忘れないうちに思い出させてるんですかね?


音読での勉強方法

2011-08-26 10:21:06 No Comments

先日気象庁がこの先3ヶ月の予報を発表しました。
それによると気温は全国的に高め、ただし昨年ほど酷い残暑には無らないと出ています。
急に涼しくなっても大丈夫なように、気温はチェックするようにしておきましょうかね。

で今回のお話。
前に『速読』なるものが流行った(?)事がありました。
私は実践も体験もしなかったので実態はわかりません。ですが話を聞いているだけなら一つの手段としては有りなのかな、とは思ってました。

古いと言われることを承知で言いますが、暗記に限らず音読すると言う行為には意味が有ると考えています。
それでもその人その人の得手不得手があるので一概には言えませんけどね。
ですが分からない問題に対して声を出すと言うのは良い手段です。
自分で読み、言葉に発してみると理解しやすくなる、と私は教わりました。
文章だけでは意味が分からなくても、自分で口に出してみると『なんだこんな事だったのか、じゃあこれはこうなんだな。』と意外と簡単に問題が解けた体験があります。
暗記なら、目だけではなく声を出すことにより耳でも記憶しようとすることが出来ます。
結局は意気込み・考え方なのでただやるだけでは意味は限りなく薄いとは思いますが。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後




Copyright © 2011 - 2021 bridge.oov.jp