Home »

ブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

中間報告:幼保一体化について

2011-09-22 15:47:18 No Comments

自民が政策として出していた『幼保一元化』の中間報告を記事で見ました。

やはり反発は出ていたみたいですね、一緒にされたら資格の関係もあるし当然と言えば当然なのかもしれません。
結局、あらたな総合施設の新設と言う方針に向いたようですね。

中間報告では、総合施設に加え、幼稚園、3歳未満を対象とする保育所、一定基準を満たした企業やNPO法人(特定非営利活動法人)運営の保育施設−の4つを「こども園」と位置付け、子供の受け皿拡大を図る。(原文ママ)

これに書かれている最後のモノは、最近多いと聞いたものでしょうね。
新しく作る場所は無いが、お金のある企業がビル等を借りて副業のような感じで運営している。位の感覚で聞いていました。
実際都心部では場所が無いので、増えるにはこういった形になるのでしょう。

記事を読んだ感じでのメリットは、触れられている集団生活でしょうか。
今まで別々だった所に一緒になると言うことは、少なくともこれまでとは違う何かが作用すると言うこと。
記事を読んだ限りでは、少なくとも良い影響は与えているようだ。


さてさて、そうすると気になるのはやっぱり財源の確保になる訳で。
新制度に必要財源は27年度で1兆円だそうです。
今の状況だと結婚も難しい、子育てをするのも難しい、復興すると言う話も進んでいる。
どうやってひねり出すんでしょうか。


脱ゆとり教育を徐々に開始

2011-09-14 15:56:43 No Comments

徐々にと書いたのはまずは小学校からになるからでして。
夏休み明け2学期の小学校では、脱・ゆとり教育が本格実施されます。
来年度以降、中学・高校と順次実施される予定ですね。
授業時間が多くなると言う事ですが、週休2日は変わらないため土日はそのまま。
現場のかたがたの苦労が今から気にかかってしまいます。

小学校は5年で英語が入るほか、算数でひし形台形の面積の求め方・素数が追加(?)らしいです。
中学校も各教科で追加の範囲が出るほか、武道を必修化するというとのことで。
体育の中で剣道やりましたけど、そういうことではないのですかね?
と言うことで文部科学省のサイトに見に行ってみました。(以下は掲載文ママ

武道は、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。
また、武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。


うーん?気になって調べたら昔は武道・柔道・剣道で、その後にこれらを格技の名称で授業に。さらに平成元年にまた武道に戻ったと。
じつにややこしい。

武道って楽しさや喜びを味わう運動だったんですね、もっと殺伐としたイメージしかありませんでした。
そして相手を尊重し、練習や試合を行うって結構普通の心構えだと思ってたんですけど違ったんですかね。
そもそもこの武術はどれなんですかね、現代武術でOKですか?
まあ現代武術なんでしょう、運動とかいてありますし。
おそらく現代っこは体力が落ちてる、と言われてますからそれに対しての策だと思いますが。

好きな人でもない限り授業内容通りにやって終了〜、みたいな空気になりそうな。
続けるうちに興味が出る人はいるかもしれませんけど。
私は興味が出ない人でした、剣道とか柔道とか、棒立ちでしたんでなんとも言えず。
まあ何かしらの役には立つんじゃないですかね、ダンスはちょっとわかりません。
見た感じ中学時代と大して差は無いみたいですが。


子ども手当廃止

2011-08-05 15:07:25 No Comments

先日に市場への介入があったみたいですね。
やたらと円が上がっていくので「そうなのかな?」程度に認識していましたが。
まあ、日経の方は今朝からがくんと下がってますが・・・。


さてニュースといえば、こども手当てが廃止されることになりましたね。
当初から迷走だの、本当に効果があるのかと言われていた訳ですが。
このご時世、はいどうぞとお金を渡されたら貯金に回すのは多いとは思いましたけどね。
名前どおりの使われ方をされたのはいったいどの位なのでしょうかね。

ただこの話、まだ「扶養控除を復活させます」って話は見てないんですよ。
「検討」と言う言葉は見た気がしますけど
子ども手当を出す為に廃止されたのは今回復活させる『児童手当』、それに加えて『扶養控除手当』『配偶者控除手当』の3つ。
このうち「検討」のまま話の出ない『扶養控除』『配偶者控除』はほぼ全員が対象に入っていた訳で、復活しないのならそのまま負担が増えるだけになります。
なのでお得なのかと聞かれると、単純に金額の対比が出来ないわけで・・・。
ただ改正した児童手当に移行する流れになっているらしいです。
どんな内容かは全然見ないのですけど、決まってないのかまだ何か考えでもあるのか。

それじゃあ結局、子ども手当てって無駄だったの?、と言う考えになるかもしれませんが・・・個人的な意見としては無駄だったと思います。
少なくとも、現金配給ではなく学費に割り当てるとか、保育所等の施設に回すといった事をしていれば良かったのではないかと。
終わってしまったことについて長く語るものでもないかもしれませんけどね。


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後




Copyright © 2011 - 2021 bridge.oov.jp