Home »

ブログ

[ 戻る ]

遊びながらの学び

2011-10-20 16:10:04 No Comments

今日は気になる記事を見つけたのでそれについて。
和歌山の保育園についての記事です。

記事を読んで思ったのは、やはり効果的なのだなということ。
楽しいことは興味を持てる、そこに勉強内容を入れておけばルールの説明でおおまかな理解もしてもらえる(かもしれない)。
利点は多いんですよね、遊びに混ぜると言うこと自体には。

問題点があるとすれば、必ず理解してもらえるかは分からないと言うこと。
そしてなにより、作成するのがなかなかに難しいと言うことではないかと。
いやまあ、自分の経験で言うしかないので得意な方は得意なのでしょうが。
それでも取り入れて、ルールを作って、わかりやすく説明するって難しいことだと思いますよ?

件の保育園では「科学」をテーマにしたプログラムを作成。
音、風、波、人体などをイメージさせてグループごとに集結し、『N極とS極に分かれたふれあい遊戯』や『かごをてんびんに付けた玉入れ』などの種目を披露。
まさに楽しみながら勉強を、の見本とも言うべきでしょうか。

取り入れるとはまた別かもしれませんが、千葉の保育園では大学の外国人講師を招いての場作り。
幼少時から英語に親しむ時間を作って興味をもたせ、将来的に英語への理解力を高めるのが目的・・・だそうです。
まあ・・・早くに馴染みを持たせるのはいいことだと思いますよ、ええ。
本当に覚えさせようと思うなら、やはり普段の生活範囲にも浸透させるのが一番だと思いますけどね。

カテゴリ: 教育








Copyright © 2011 - 2021 bridge.oov.jp